トップ > 学会発表

米国癌学会2009(第100回)

学術論文とは各分野の研究者が読む専門誌や、研究者を対象にした書籍に研究の過程や結果、レポートを寄稿したものです。
ここでは、専門誌、書籍に発表された「タヒボ」に関する研究やそれに付随する論文などをまとめています。
論文のタイトルをクリックすると詳細がご覧頂けます。
後期段階生成物誘発発がんに対する天然資源物の発がん予防活性 ■2007年4月14日~18日 米国カリフォルニア州・ロサンゼルス 「Chemoprev ...
ブラジル原産Tabebuia avellanedea由来活性成分の合成研究 ■2007年3月28日~30日 富山県・富山市 「Synthesis o ...
ブラジル原産Tabebuia avellanedea由来成分の生物活性 ■2007年3月28日~30日 富山県・富山市 「Biological ac ...
ブラジル産伝統植物、タベブイア・アベラネダエの抗腫瘍、抗発がんプロモーター活性 ■2007年2月4日~7日 米国カリフォルニア州・サンディエゴ 「A ...
ヒト由来乳がん、肺がんに対するブラジル産薬用植物の成長抑制効果 ■2006年12月9日~13日 米国カリフォルニア州・サンディエゴ 「Growth ...
発がんに対する南米産薬用植物タベブイア・アベラネダエの有用性 ■2006年12月9日~10日 愛知県・知多郡東浦町 「Positive incide ...
後期段階生成物誘発がんに対する天然資源化合物のがん予防活性 ■2006年11月12日~16日 米国マサチューセッツ州・ボストン 「Chemoprev ...
エプスタイン・バールウィルス感染リンパ球を用いたがん予防効果を含む薬用植物の試験管内短期検出法 ■2006年11月9日~11日 米国マサチューセッツ州・ボ ...
ブラジル産薬用植物タヒボの基礎および臨床応用に関する現状と展望 ■2006年10月29日 大阪府・大阪市 「Current and future b ...
ブラジル薬用植物、タベブイア・アベラネダエのがん予防作用 ■2006年10月28日~29日 大阪府・大阪市 「Chemopreventive pot ...
ブラジル産薬用植物タヒボの生理活性に関する基礎および応用検討について ■2006年10月26日~27日 大阪府・吹田市 「Basic and app ...
ブラジル原産Tabebuia avellanedeaの成分研究 ■2006年9月29日~30日 埼玉県・北足立郡伊奈町 「Studies on Ch ...
ブラジル産薬用植物、タベブイア・アベラネダエのがん予防作用 ■2006年9月23日 東京都 「Chemopreventive Effect of B ...
ブラジルの伝統薬物タベブイア・アベラネダエ(タヒボ)の発がんの化学予防成分 ■2006年8月22日~26日 中国広西省・ナンニン 「Chemopre ...
ブラジル産伝統薬用植物、タベブイア・アベラネダエのがん予防作用 ■2006年8月5日~9日 米国バージニア州・アーリントン 「Chemopreven ...
ブラジル産伝統薬用植物、タベブイア・アベラネダエのがん予防作用 ■2006年7月10日~13日 フランス領ポリネシア・タヒチ 「Chemopreve ...
一酸化窒素ドナー誘発マウス皮膚発がんにおける天然由来化合物のがん予防活性 ■2006年6月25日~29日 米国カリフォルニア州・モントレー 「Che ...
UVB誘発発がんにおける活性天然物化合物のがん予防効果 ■2006年4月1日~5日 米国ワシントンD.C. 「Potential natural c ...
ブラジルの伝統薬物Tabebuia avellanedea のがん予防効果 ■2005年12月15日~20日 米国ハワイ州・ホノルル 「Chemop ...
in vitro短期検出法を用いた一酸化窒素スカベンジャー試薬のスクリーニング ■2005年12月12日~14日 米国カリフォルニア州・サンフランシスコ ...
PAGETOP