トップ > 学会発表

第12回 日本補完代替医療学会学術集会④

学術論文とは各分野の研究者が読む専門誌や、研究者を対象にした書籍に研究の過程や結果、レポートを寄稿したものです。
ここでは、専門誌、書籍に発表された「タヒボ」に関する研究やそれに付随する論文などをまとめています。
論文のタイトルをクリックすると詳細がご覧頂けます。
ヒト由来がん細胞の拮抗剤としてのタベブイア・アベラネダエとその構成成分 ■2008年8月3日~8日 ギリシャ・アテネ 「Tabebuia a ...
ブラジルの薬用植物エキスおよびそれに含まれる成分の抗がん特性 ■2008年7月14日~16日 兵庫県・淡路市 「ANTI-CANCER ...
がん統合医療におけるサプリメントの役割 -タヒボの使用経験から- ■2008年7月13日 東京都 「Role of supplements in ...
異なった段階での異なった腫瘍を有するヒトでのタベブイア・アベラネダ抽出液の効果の調査 ■2008年7月13日 東京都 「Investigatio ...
天然由来の抗発腫瘍、抗発がんプロモーターとしてのタベブイア・アベラネダエ抽出物とその成分 ■2008年4月25日~26日 中国・上海市 「Tab ...
ナフトキノン型化合物のヒト由来がん細胞に対する増殖抑制効果 ■2008年4月12日~16日 米国カリフォルニア州・サンディエゴ 「Growt ...
ブラジル原産Tabebuia avellanedea由来成分の構造と生物活性 ■2008年3月26日~28日 神奈川県・横浜市 「Structu ...
ブラジル原産Tabebuia avellanedea由来活性成分の合成研究2 ■2008年3月26日~28日 神奈川県・横浜市 「Synth ...
パーオキシナイトライト誘発ブラジル産薬用植物タベブイア・アベラネダエによるMAPK伝達系での抑制 ■2007年12月4日~8日 米国ペンシルベニア州・ ...
ヒト由来肺、前立腺、乳がん細胞増殖での天然物由来資源での抑制作用 ■2007年12月1日~5日 米国ワシントンD.C. 「Inhibitory ...
がん予防作用を目的とした南米産薬用植物タベブイア・アベラネダエの検討 ■2007年12月1日~2日 宮城県・宮城郡松島町 「Positive i ...
異なった種類、異なった段階にある12名のがん患者血液検査と生活指標を評価値としたタベブイア・アベラネダエ ■2007年11月15日~17日 米国カリフォル ...
薬用植物タベブイア・アベラネダエとその構成成分による抗腫瘍、抗発がんプロモーター活性評価 ■2007年11月15日~17日 米国カリフォルニア州・サン ...
ブラジル産薬用植物タヒボとその素材含有成分“NQ801”の抗がん作用に迫る ■2007年11月3日~4日 福岡県・福岡市 「Evaluation ...
抗発がんプロモーター(がん予防剤)のスクリーニングを目的とした試験管内短期検出法 ■2007年10月22日~26日 米国カリフォルニア州・サンフランシスコ ...
ブラジル産薬用植物からの抽出液とその成分の特徴について ■2007年10月17日~20日 米国カリフォルニア州・サンディエゴ 「Anti-cance ...
ブラジル原産 Tabebuia avellanedea 由来活性成分の構造と生物活性 ■2007年9月14日~15日 愛知県・名古屋市 「Struc ...
試験管内、動物試験系を用いたブラジル産薬用植物タベブイア・アベラネダエのがん予防効果 ■2007年9月2日~6日 オーストリア・グラーツ 「Chem ...
後期段階生成物誘発発がんに対する伝統植物のがん予防活性 ■2007年7月14日~18日 米国メイン州・ポートランド 「Cancer chemopre ...
発がんプロモーション段階に対するブラジル産薬用植物の有用性の評価 ■2007年7月10日~13日 フランス・パリ 「Efficacy evaluat ...
PAGETOP